So-net無料ブログ作成

STAXが戻ってきた! [オーディオ]

こんにちは!ゆきです。

私の音楽生活の中心にあったSTAXのSR407とSRM006Tsが修理から戻ってきました。

1ヶ月ほど前から左側の音が出ない状況が続いていましたが、右からも音が出なくなり泣く泣く修理に出した次第です。

SRM006TsとHA-1の組み合わせは最高!
DSC00572.JPG


アンプの修理だったのですが、イヤースピーカーの不良の可能性もあったのでSR407も一緒の送りました。
DSC00575.JPG

新品の様に梱包されて来ました。


ちなみに古い真空管も付いてきました。
DSC00576.JPG

Electroharmonicsの6CG7と言う真空管。

修理内容としては

①真空管の交換
②OFFSET調整
③DCバランス調整

以上の内容で13500円の修理代
真空管が2本で10000円
技術料が2500円
税金が1000円

真空管の交換は自分で出来ても調整は出来ないですからね。

因みにElectroharmonics製6CG7の真空管の価格をHPで確認してみました。
http://www.electroharmonix.co.jp/tube/eh_6cg7eh.htm

1本あたり定価4500円プラス税と記載が有るので、2本税込みで9720円?

修理明細を見た際に『真空管の交換だけなら俺でもできるんじゃ…』なんて思ったけど

てことはSTAX側は技術料の2500円しか貰ってない事になりますね!
勿論真空管は定価購入している訳では無いんでしょうけど、あまりにも良心的な価格にびっくりした!

 
これからもSTAXを使っていこうかって思う出来事でした。

左側に「NG L」の記載
DSC00577.JPG


もうSRS4170は生産終了みたいですね。


このSRL-500も気になる所


STAXを使って以来ヘッドフォン沼からは抜け出したが、STAX沼にハマりそうで怖い。


ではまた。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。